inasikinohanasi日和

茨城県稲敷市地域おこし協力隊が稲敷について語ります。

田舎

初心者必見!! イベント開催の極意(だいぶ大きく出た)その6

流しそうめん台の作り方をそもそもしらない僕は、当日、「なるようになるっしょ、余裕余裕」と楽観的に竹切現場へと向かいました。イベント開催日の3日前、7月5日のことです(この時点で7月7日は雨天予報のため中止となっていた)。 加工場を借りることにな…

初心者必見!! イベント開催の極意(だいぶ大きく出た)その5

応募が集まり、タイムスケジュールも完成、 <タイムスケジュール> 8:20 市役所集合(公用車二台+トラック一台?) 8:30 市役所出発 9:00 一班&二班 和田公園で準備開始(机、いすの準備。薪の準備、流しそうめん台準備) 9:20 一斑 和田公園から神崎屋へ移…

初心者必見!! イベント開催の極意(だいぶ大きく出た)その4

前回のブログ ↓ mohou-miyabe.hatenablog.com ↑ べべべべべつに、遊びに行ったわけじゃないんでからね! 稲敷市上君山にありますイバライドにて2018年7月14日(土)~9月2日(日)に開催されるシルバニアパーク。その先行内覧会に行ってしまう僕を、どうか、…

初心者必見!! イベント開催の極意(だいぶ大きく出た)その3

人を呼ばなきゃ始まらない イベントを開くにあたって必要なものは、準備物だけではありません。 イベントに参加してくれる人がいなければ何も始まらない。そう、そんな大事なことを、僕は、6月の中旬に思い至ったのです(イベント開催日程は7月7日だよ)。 …

初心者必見!! イベント開催の極意(だいぶ大きく出た)その2

地域おこし協力隊として企画した初のイベント『七夕ささぶねまつり』。 今回のブログでも、イベント開催までの苦労と涙を語っていきたいと思います。 一人の救世主現る その当時の自分の頭の中を脳内メーターで見たなら、竹、竹、竹の竹フェスティバルが催さ…

初心者必見!! イベント開催の極意(だいぶ大きく出た)その1

祭り。 祭りと聞いて思い出す情景はなんだろう。 浴衣姿。ポニーテールのあの子。金魚すくい。出店の焼きそば。楽しかったあの日々、無邪気だったあのころ、ああ戻りたい。 ただただ楽しかったお祭り。 しかし!!! 祭りを開くために裏で大人たちがどれだけ…

近未来×地域おこし×田舎(ドローン編)

時の進み方がゆるやかなために、都会では当たり前に流行っていることが、田舎では全く……みたいなことが往々にしてある。マイウェイを突き進む田舎も捨てがたいけれど、新しい田舎の多様性というものも見出したい――ということで、今回のブログでは、 近未来×…

地域おこし初任者研修に行って考えさせられたこと

千葉市幕張新都心線の隣接地からバスに揺られ、十分程度。やってきたのは……。 市町村アカデミー 16日から18日の三日間、この要塞に閉じ込められ、痛めつけられ、ひどい仕打ちを受けるのだろう。 ガクブルしながら入館。さすがに鞭をもった鬼教官はいなかった…

ライスミルクなるものが稲敷で作られているらしい(後編)

行ってまいりやした! 噂のスクールファーム略してスクーファ。 写真(学校扉前) スクーファ内は廃校の学校を使用しているため、内装は完全に学校そのもの(当たり前ですが)。面白いことに水耕栽培をしている部屋の入り口には「六年生」と書かれた看板が(…

ライスミルクなるものが稲敷で作られているらしい(前編)

人口減少が叫ばれる昨今(ブログの入りが重い)、私たちにできることは何だろう(いったい何があったというのだろう)。 稲敷も例外ではなく、毎年約700名近くの人口減少が続いている。このままでは4万人いる住民が、何十年後かには(すごいざっくり)過疎地…

和田公園をもっと「愛される公園」にするために

稲敷市・和田公園を活気ある公園にする活動として、以前も記事にした和田公園プレイスメイキングが企画・実行されています。 ↓ mohou-miyabe.hatenablog.com ↑ そんななか、地域おこし協力隊員として自分にも何かできないかと、『七夕笹船祭り』を企画しまし…

稲敷の名所を小説風に紹介してみた!

「この人ストーカーなの」 と、伊奈帆はつぶやいた。 車に轢かれそうになってその場に倒れ込んだ男を指さし、敷島に抱きつく。 「わたし、こわくてこわくて……」 「は、はぁ……」 今日の敷島は朝からさんざんだった。 ヤンキーに絡まれ、殴られ蹴られ、彼女に…

2018年『いばキャラ祭り』にいなのすけが参戦!

負けられない戦いがある。 マスコットキャラクターもマスコットキャラクターなりに苦悩していて、「誰々よりも不人気だとマスコットキャラクター界から抹殺される」なんてうわさもちらほらと耳にする。

田舎と都会の違い――街灯問題――

つい先日、自宅から和田公園まで自転車を走らせた。片道十五キロ。いい運動になると、軽い気持ちでペダルを漕いだが、何やら様子がおかしい。 とてつもなく暗いのだ。それこそ幽霊でもでてきそうな。 千葉の市川にいた時じゃ考えられないほどの暗闇だった。…

プレイスメイキング――公園づくりが田舎を救う?――

プレイスメイキングはアメリカでうまれた「居場所づくり」を指す言葉。しかし、明確な解釈が存在せず、定義もひとつに限られているわけではない。「すべての人々が住んでいる地域において、自分自身を見つける居場所に変換していく方法」と語るのはLinda. H …

江戸崎にある『甲らく屋』を小説風に紹介してみた!

美由紀は、まっくろくろすけを生成する達人として名が知れ渡っていた(町内レベルで)。 ひっくり返せばそこにいる。ハンバーグ、生姜焼き、餃子、焼肉etc。焦げという名のまっくろくろすけは美由紀をこよなく愛し、美由紀はまっくろくろすけを忌み嫌ってい…

ニンテンドーラボが人気らしい。

ニンテンドーラボが人気らしい。 『Nintendo Labo』は、いろいろな形に組み立てたダンボールとNintendo Switchを合体させ、自分だけのコントローラー「Toy-Con」をつくってあそぶ、これまでにない体験ができるキットです。 動く組み立て説明書を見ながらToy-…

稲敷駒塚にある『グリーンヘブン』を小説風に紹介してみた!

稲敷駒塚にある『グリーンヘブン』を小説風に紹介してみた!

幼稚園生相手に大の大人があたふたした話

稲敷市江戸崎『笑遊館』にて開催されるこいのぼり祭りに、三期生の地域おこし協力隊が紙芝居を見せにいきます。 お相手は幼稚園・保育園の年代なので、果たしてどうなることやら。静かにもくもくと紙芝居を見ている感じなのか、騒ぎに騒ぎ、いきり立っている…

コンテンツツーリズムとライトノベルと釣りと東京タワー

コンテンツツーリズムとは、 コンテンツ:小説、音楽、ゲーム、映画、YouTubeなど、WebサイトやDVD、CD-ROMタイトルに含まれる情報の内容のこと。娯楽や教養のために創作された内容を指す。 ツーリズム:観光事業。旅行業。また、観光旅行。 また、 「ファン…

地域おこしに関してメモ程度のブログ(見たらしぬやつ)

warningwarningwarningwarningwarningwarningwarningwarningwarningwarningwarningwarning 思ったことつらつらと書いていくだけの回。文章力は皆無。メモ程度のブログ。 思ったことつらつらと書いていくだけの回。文章力は皆無。メモ程度のブログ。 見たら死…

稲敷の江戸崎甲にある『がんこや』を小説風に紹介してみた!

稲敷の江戸崎甲にある『がんこや』を小説風に紹介してみた! 田んぼ道を歩きながら、瓜田は珍しく落ち込んでいた。 かつての旧友たちとはすっかり連絡が途絶えていたのに、ある日、急にラインが入ったと思ったら、「結婚します」の一言。式に呼ぶわけでもな…

稲敷市にある無人販売の「レンコンロード」に行ってみた

セコムしてますか? 日本はいい国だと、諸外国の方々は言うけれど、実際日本人からしてみれば、どうなんだろうと思うことは多々ある。 東京の足立区にいたときは、お菓子がたくさん入った袋を盗まれたことがあった。そのときぼくは晩御飯を買いにほっともっ…